夏の子連れディズニーに便利な物!【暑さ対策】

テーマパーク
当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。
スポンサーリンク

旅行好きの主婦beeです。

我が家はディズニー大好きで、子供が産まれる前は年に数回、子供が産まれてからは毎年ディズニーへ遊びに行ってました。

もちろん、夏にもディズニーは何度か行ってますが・・・
夏のディズニーは激暑!!
暑さ対策をしていかないと本当に大変なことになります。
特に子供は地面と近いため、照り返しをもろに受けてしまいます。

私達が過去に行ったときは入園待ちでも、パーク内でも体調を崩してしまった方を何人も見ています。
さらに、今は感染対策としてマスクもしていますので、しっかり暑さ対策をしていきましょう。

幼児連れには必須アイテム!

子供が1歳~3歳まであって良かったものは、こちら!

・保温機能のあるマグマグ

普段はストローでお茶類を飲んでいるのですが、パークで麦茶の販売はペットボトルのみ!ペットボトルにストローを挿して飲むのもありですが暑い季節は唾液が混ざって傷む可能性も考え保冷機能のあるマグマグを持参し、少しづ麦茶を足して飲ませていました。


・使い捨ての小さなスプーンとフォークと子供用の割りばし。

こちらは100円均一等で販売されてる物を小分けにして持っていきました。

パークのレストランで食事をする場合は子供用の食器があるので良いのですが食べ歩きフードの場合はないので、重宝しました。(大人サイズの使い捨てフォークはパークにもある)うちの子の場合は餃子ドックの中身だけ食べたいなどあったので(ド偏食)小さなスプーンで中身をすくって食べさせていました。

・スライド式ストロー

パークで水を飲まそうと思うと、紙コップで提供されることが多いです。
またジュースを飲ませていない年齢だとストローを持参すると便利でした。
我が家ではマグマグと並行して使っていました。

これらを普段のおでかけセットにプラスして持っていくことで幼児連れでも困ることなく過ごすことができました。

夏のディズニーに便利な物!

夏の必須アイテム。大人が1セットづつもつことで子供にすぐに利用できます。

今度は夏のディズニーに持って行って便利だったものです。
夏のディズニーでは、大人でも体調を崩しやすくなります。子供は地面に近い分充分に気を付けてあげてください。

・ベビーカーに取り付けられるミニ扇風機
我が家はベビーカーに扇風機を取り付けて行っていました。
子供がベビーカーに乗っている間はつけていました。
電池式で、充分使えた記憶があります。
今のを調べてみたら、めっちゃ良い物がありますね!
うちで使っていたのは普通の扇風機と同じ形だったので、子供が指を入れてしまいそうで怖かったのですが、こちらの商品は子供の指が入りにくい6㎜の隙間になっているそうです。
巻きつけるだけではなく、卓上に置く事もできるそうなので、親がも使いやすそう!!
充電池も、めちゃくちゃ長く使えて最長11時間利用できるそうです。
数年での進化がすごい!!


・小さな保冷バッグと保冷剤
小さな保冷バッグと保冷剤を持ち歩いていました。(100均で購入。)
子供が2歳の時に行った日は園内放送で「熱中症に気を付けて過ごしてください」と流れるほどの日だったので、保冷剤も子供に持たせたり、首に巻いていました。
また、小さい保冷バックがあることで、飲み物のペットボトルを冷やしたりもできて便利でした。
うちはポカリなどの経口補水液を準備していきました。

・瞬間冷却パック
中に薬剤が入っていて叩く事で冷たくなるパックって伝わりますかね
あれはかなり重宝しました。
保冷剤も午後になると溶けたりしてしまったんですが、この冷たくなるパックはいつでも冷やせるので、暑い時に大活躍しました。
大人もこれはあってよかったです。
今ではダイソーでめちゃくちゃ可愛いのがあるんですね!!
我が家で見つけたのはこれです。

ダイソーで購入した瞬間冷却パック

・首から下げるタイプの扇風機
これはある程度大きな子~大人まで有効だと思います。
手放しでも顔に向かって風が出てくるタイプが重宝します。
パークのグッズでもありますので、それを買うと気分も上がって楽しめそうですね!

・塩飴や、塩分補給のできるタブレット
ディズニーではつい熱中症になりかけてしまう人を見かけます。
忘れずに塩分補給できるタブレットや、飴を持ち歩く事をお勧めします。
(あまり年齢の小さい子には使えませんが・・・)
一度、パークのベンチでグッタリしている方がおり、水しか持ってなかったので、キャストの方が来るまでの間にいくつか差し上げたことがあります。(コロナ前だったからできたことかもしれませんが・・)本当にパークで体調を崩す方が夏場は多いです。

・拭くと涼しくなるシート
汗拭きシートでミントの効果で体感温度が下がるシートです。
これは、パークに限らず、夏のお出掛けにはあると本当に便利です。
スプレータイプのものもありますが、パーク内はスプレー缶の持ち込みができませんのでシートタイプがお勧めです。

・冷えピタ
上記に書いた、保冷バックに冷えピタを冷やして入れて置く事でよりひんやり感を感じる事ができます。大人用よりも子供用がサイズの小さいのでお勧めです。

・首に巻くタイプの冷える物。
首に巻くタイプのものです。
我が家で購入したものは、アイスリングという首に付けるタイプの物を購入しました。
こちらは28度以下で凍るのと、結露しないので、首回りが濡れて不快にならないので購入。
これは通学にも使えそうと思っています。(結露しないので学校に着いたらランドセルに入れてもOK。最高気温が38度の日でも、登校してからクーラーのある教室でランドセルの中に入れておいたらまた凍っていました。)

大人用もあるので、私はそちらを利用しています。
節電対策でクーラーの温度を上げ、首にまいていると快適に過ごすことができます。


・日傘
折り畳みタイプの日傘もマストアイテムです。アトラクションによっては日陰がない場所で待つこともありますので、日傘はあった方が良いです。
子供が帽子をかぶっていても、日傘で日陰を作ってあげると疲れがだいぶ違います。
うちは夫が私の代わりに使うことも想定されるので男性が持っても恥ずかしくないものを選びました。
こちらの日傘は、折り畳み傘なのに広げると結構大きく、大人と子供で充分入れます。


NEW!2023年の暑さ対策に!!
「氷のう」です。
これは便利さがいまいちわかってなかったんですが・・・・子供が使うのに、氷はどこでも手に入る!!!ホテルでも製氷機はありますし、コンビニでも氷なら手に入る。
どこでも瞬時に冷やすことが可能です。今では100円均一でもどこでも売ってますので、是非、氷のう。利用してみてください。

夏のディズニーは本当に体調を崩す人が多いのでしっかり体調管理をしていきましょう!

また我が家では私か夫どちらかが、別行動を取ることもあるので二人ともがどれも持っている状態にしておきます。大人も子供もすぐにフォローできるようにしておきます。

まとめ

今回は夏のディズニーで快適に過ごすためにあると便利なグッズを紹介しましたが、夏のお出かけにはどのグッズもあると便利だと思います。是非、ご活用ください。

妹がちびーず(1歳と4歳)を連れてパークへ行くというので、夫婦でうちの子が小さかった頃に何をもっていって便利だったかを思い出しました。
今ではうちの子供も6歳なので、持ち物もグッと減りましたが、ベビーカーがない分、荷物を全て親が持たねばならず、気が遠くなりそうです。

私が夏にパークへ行ったのはコロナ前ですので、今のパークとは違うことがあるかと思いますが、子供との夏のお出かけにはどれもあると便利です。

今年は6月下旬から異常なまでに暑い日が続いています。体調に気を付けて思い切り楽しみたいですね!

暑いとワクワクするタイプなので、これから夏が楽しみですが、子供も楽しく過ごせるように工夫していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました